【おせち】新春を寿ぐ日本の伝統おせち お正月の縁起物

【紅白かまぼこ】
日の出とも言われる赤板かまぼこは、平安・平和を祈るおせちには欠かせない縁起の蒲鉾です。

【伊達巻】
「だて」は派手好きで知られる武将、伊達政宗に由来し、お正月を派手に祝う縁起物です。

【数の子】
多い物は一腹に10万個もの卵があり、子孫繁栄を願う縁起物とされています。
【田作り】
かたくちいわしの幼魚を煮た物を、別名ごまめ(五万米)とも言います。昔から畑の肥料として使用されたことから、五穀豊穣を願った縁起物です。
【竹の子】
一晩で数メートルにも成長する竹の子にあやかって家運も伸ばそうという縁起物です。
【昆布巻】
昆布は「喜ぶ」に通じる縁起物です。
【御頭鯛】
「おめでたい」の象徴でもある尾頭付き鯛、古くから神事や祝い事には欠かせない縁起物です。
【鰤の煮付け】
出世魚のぶりはおめでたいお正月には欠かせない縁起物の一つです。
【れんこん】
レンコンの穴にあやかって、見通しがよくなるという意味合いを持つ縁起物。
【さごし】
出世魚のさごしにあやかって「さごし」➡「なぎ」➡「さわら」と成長することから、健やかな成長と出世を願うお正月の縁起物です。
【ごぼう】
細く長くつつましく、堅実な生活を願った縁起物。
【海老】
腰が曲がるまで健康に過ごせますようにと願いを込めて長寿祈願の縁起物。
【くわい】
鈴に似た形は、魔除け効果があると言われ、勢い良く伸びた芽に、人間も芽が出るようにあやかった縁起物です。
【栗きんとん】
「金団」をあて字とし、財産・生活の豊かさを願う縁起物です。
【黒豆】
まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるようにとの願いを込めた縁起物。