しんじょう
板蒲鉾「越乃海」
揚げかま

竹徳かまぼこのこだわり

江戸時代から漁師を続け新潟の鮮魚を取り扱っていた先人達は、かまぼこ製造技術を身につけることで豊漁の時も漁が少ない時も、地場で水揚げされた魚を大切に扱う精神と、美味しい食を提供することで「まち」の活性化に寄与してまいりました。 また、多くの人々が行きかう湊町は北前船をはじめ様々な文化も取り入れながら発展してきました。

そのような多くのお店が並ぶ下町で、技術を切磋琢磨しながら「かまぼこ」製造技術に磨きをかけて今日まで地域に支えられてきました。

これからも味に磨きをかけて、新潟の素材を活かした、出来立ての美味しいかまぼこをお届けいたします。

リテーナ成形蒲鉾とは 新潟の「しんじょう」とは 竹徳かまぼこの歴史
竹徳かまぼこのこだわりを知る